toggle
2015-04-21

We Are The Worldは30年前、Kim Carnesの姿が


Hi

黒のマジックで、訂正箇所を塗りつぶすという地味な作業で

肩こりが酷くなり、ど~んよりとした気分のあたくしの耳に

聞き慣れた歌声が聞こえてきました・・・

たびたび登場のPePeちゃん、ご存知”We Are The World”を

YouTubeに合わせ熱唱しています。

 

この歌はアフリカの飢餓や貧困を解消するために、多くの

有名アーティストにより結成されたUSA for Africaによって

1985年1月にリリースされたチャリティ・ソングですね♪

ほんま錚々たるメンバーでした!

 

PePeちゃんは若いのですが昔の歌もお好きです。

でも何で急にこの歌なのかと、あたくしは思いつつ・・・

もちろん一緒になってHanauta Time♪♪♪

歌いながら自然にパート分けもできましたよ♪

 

今回あたくしはアクセサリーじゃらじゃら好きのCyndi Lauper

(録音のとき注意されてましたよね)のパートをば。。。

あら、Cyndiの横にはKim Carnesの美しい姿が!

 

あたくし彼女が好きだったんですよね。

ハスキー・ボイスで、超かっちょいい~と思ってました。

Kim Carnesの代表曲といえば全米9週1位の”Bette Davis Eyes”

邦題「ベティ・デイビスの瞳」です。

この曲以降、あまり目立った活躍はしていません。

 

でも”We Are The World”と同じ年の1985年リリースのアルバム

“Barking At Airplanes”からはあたくしも好きな”Crazy In The Night”が

全米チャート15位になりましたよ。

さて、あたくしが同アルバムで1番好きな歌は、美しいバラードの

“Bon Voyage”当時アルバムを買い、何回も、何回も聴きました。

彼女も今年70歳、月日が経つのは早い。。。

Kim Carnes’ Official Web Site

 

“We Are The World”から、あたくし久しぶりにKim Carnesが聴きたく

なりました。彼女のCDどこに、なおしたかな?

 

昨日のポール・ギャリコの本も見つからない

See you

We Are The World DVD CD (30周年記念ステッカー付)

新品価格
¥1,245から
(2015/4/22 04:53時点)


follow us in feedly
スポンサーリンク
関連記事
Comment





Comment