toggle
2015-05-08

フィラリア予防の薬は大事だけど柴犬時計の実用性は0%


Hi

本日のぷりぷり散歩も終了し、まったりとしているichikochiです。

当然のことながら柴犬さんもべた~っと寝転んでいますよ。

暑くなってきたので、そろそろ我が家の周りでは蚊が活動を開始します。

真夏なんて大量発生(か)!と言うほどで、洗濯物を庭に干そうと外に出れば

昼夜問わず蚊に囲まれてしまいます。

油断してたらボコボコに刺されてしまいます。長袖・長ズボンであろうと服の上

からでも刺されているような・・・

それでも園芸女子は虫除けスプレー&キンカンをぬりながら庭の手入れに余念が

ありません。「嫌だ嫌だ」と言いながら止められないようです。その姿は男前!

 

庭だけならまだしも玄関先でも蚊は大きな顔をしてブ~ンブ~ン。。。

車に乗る数秒の間でも刺されちゃうので、ちょっとした隙にあたくしも蚊の餌食!

手足ならまだ許すけど、外出前に瞼を刺されたことも!

腫れぼったい瞼がいっそう腫れて皆を抱腹絶倒の世界に導きましたことよ!

一種の顔芸?あたくしはそんなの嬉しくな~~~い!

 

そんなデンジャラス・ゾーンに住んでいるので、柴犬さんのフィラリア症予防は

計画的にしっかり行わなければなりません。

フィラリアは別名を犬糸状虫という虫で、動物の心臓や肺動脈に寄生するそうです。

すぐには症状は出ないそうですが、気づいたときには手遅れの事も多いと聞きました。

怖いですね~!!!

 

蚊に刺されないのが1番ですが、それはどう考えても我が家では無理なので、毎月1回

お肉タイプの薬を獣医師に処方してもらい8ヶ月ほど与えます。

お薬の副作用の話も聞きますが、元気な柴犬さんでいて欲しいので獣医師にリスクも

含め話を聞き、今後も最善の選択をしたいと思います。

 

柴犬さんが9時をお知らせします♪

clock

See you



follow us in feedly
スポンサーリンク
関連記事
Comment





Comment